飲食店に合っているタブレットposレジを選ぶ方法

飲食店に合っているタブレットposレジを選ぶ方法

タブレット

会計編

お客さんとの金銭の取引をする際に現金での決済以外にもクレジットカード決済や電子マネー決済の方法もあります。posレジの種類によってはこれらの決済サービスと連動しています。お客さんがたとえ現金を持ちあせていないときでも対応することができますので、お客さんに喜ばれることでしょう。また同一テーブルで個別に会計することもできます。そのためグループで来店したとしても一人一人ずつ会計ができます。

注文受け付け編

ホールスタッフがお客さんの注文をとる時にハンディと呼ばれるタブレット端末に入力してキッチンへその内容を瞬時に送信することができます。通常はホールスタッフがキッチンの調理担当に口頭で注文内容を伝えるのが一般的ですが、お互いの認識に齟齬があって注文内容を間違える可能性もありますが、posレジであれば商品名や数量を間違えることがありません。また飲食店のメニューにはトッピングがつきものです。トッピングの種類が多くてもミス無く伝えることができるでしょう。

管理編

飲食店であればお客さんの予約状況を管理する必要があります。posレジは予約表をネット上から確認できますので、スマートフォンからでもチェックができます。またposレジによっては従業員の勤怠を管理する機能も持ち合わせています。そのため給料の計算にミスがなくなるので経営者の手間が大幅に削減することができます。さらに多くのposレジが会計ソフトと連動ができます。連動させることで定期的に発生する書類作成の作業も格段に楽になります。

タブレットposレジを導入した方の感想

従業員の評判がいいです

私は飲食店を3店舗経営しているのですが、試験的に1店舗だけタブレットのposレジを導入してみました。すると「使いやすいので業務が捗る」といった声がありました。そのため他の店舗に導入しても大丈夫だと判断したので、残りの2店舗にも導入してみたらどの店舗からも大評判だったのでとても助かっています。

分析しやすいです

売上を上げるためにはどのようなメニューが売れているのか分析することが必要不可欠です。今まではレシートを確認しながらパソコンにデータを打ち込んでいましたが、posレジを導入してからそのようなことは無くなりました。どのような客層に何が売れているのかすぐに分かるので、新しいメニューづくりにも取り掛かりやすいのでとても便利ですね。

受付の手間が減りました

タブレットをテーブルに置いてお客さんが好きなときに注文できるようにしています。この方式にすることでホールスタッフの負担を軽くすることができるようになりました。またホールスタッフからも「働きやすい環境になった」との嬉しい感想をもらうことができました。

情報収集が大事

業務を改善するためにはそれぞれのposレジにはどのような機能が備わっているのか事前にチェックすることがポイントです。そうすることで「経営者」「従業員」「お客さん」のどちらの立場の人にとっても良いお店づくりができることでしょう。

広告募集中