タブレットposレジのウリ[コストカットが出来る]

レジスター

飲食店でタブレットposレジを使用するメリット

一番のメリットはコストを抑えることです。通常のposレジを導入するとなると100万円前後かかることも多いです。しかしながらタブレット型のposレジは市販されている端末を使用できるので遥かにコストを抑えることができます。

操作しやすい

タブレット端末のインターフェイスはどの年齢層でも分かりやすい構造になっているため容易に操作ができます。そのためレジ担当の業務を指導する時間と手間が少なくなるため指導者の負担を軽くできます。

新着情報

posレジを導入するために必要な機器

  • レシートプリンター
  • キャッシュドロワ
  • ハンディ
  • キッチンプリンター
  • 無線アクセスポイント
  • レジ本体
  • オーダー端末

キャッシュレジスターとposレジの違い

キャッシュレジスター

昔から飲食店などでよく使用されている一般的なレジです。売上金額の計算などを行うための機器で、ドロワーと呼ばれるお金を保管するための引き出しが一体となっています。そして一日単位や一ヶ月単位の取引金額を確認もできます。

posレジ

売上金額の計算だけでなく、商品や顧客情報のデータを蓄積したり集計できたりする機能が備わっています。また商品がどの時間帯にどのような客層に売れているのか分析ができます。いち早くコンビニが導入を始めましたが、近年ではタブレットのposレジが登場してきています。利便性が高まってきています。

手間を省きたいなら断然タブレットがおすすめ

飲食店での日々の業務は様々ありどの業務も大変です。従業員一人一人の負担を軽くしたいのであれば、タブレットposレジを導入すべきです。そうすることで効率よく業務ができると思います。

広告募集中